猫背になる原因

猫背になる原因

猫背になってしまうには日頃からの姿勢の悪さが原因となることがほとんどですが、その普段何気なくしている格好でも無意識に姿勢が悪くなるものがあります。

外出して歩いているときなどには姿勢に注意を払う方も多いかもしれませんが、普段家の中や人がいないところでこういった格好をするだけで自然と背中は丸まっていってしまいます。

そうすると外出したときなどにどれだけ気をつけても気がつけば猫背になってしまっているということになってしまいます。

試してみると分かるかもしれませんが、どんなに猫背に気をつけている人でも常にその注意をするというのは本当に難しいことなんですね。

猫背に気をつけて一瞬の間背筋を伸ばしてもその数分後にはいつもの猫背の状態に。。

それでは本当の意味で猫背を解消したということにはなりません。

猫背を悪化させてしまう姿勢として挙げられるのが、足を組む、高い枕、体育座り、あぐら、そして足をべたっとつける女性座りです。

実際にこれらの姿勢でいると確かに背中が自然と曲がっていくのが分かると思います。

こういった姿勢に慣れてしまった方はそれらを止めるということは非常に難しいことかもしれませんが、猫背をしっかり矯正するためにもできるだけこれらの姿勢は避けるようにしましょう。